漢晋春秋司馬仲達伝三国志 しばちゅうさん(4)

イブニング
カンシンシュンジュウシバチュウタツデンサンゴクシシバチュウサン
著:末弘
  • 電子あり
漢晋春秋司馬仲達伝三国志 しばちゅうさん(4)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

横暴でフルーツ好きだった曹丕が死に、その息子・曹叡が魏の二代目皇帝に即位した。まだ幼い皇帝ゆえ、しばらくはラクできるだろうとタカをくくっていた元ニートのしばちゅう(司馬懿)。そんな矢先、北伐と称して蜀の孔明がガンガンに攻めてきたので、曹叡は対蜀戦の指揮官として、しばちゅうを抜擢。泣く泣く最前線の街亭へ赴いたしばちゅうは、そこで衝撃の光景を目の当たりにする。俗に言う「バショクショック」である。

目次

  • 司馬懿、南へと飛ばされ乱に出会うの事
  • 孔明、木牛を駆りて南蛮平定に向かうの事
  • 春華と黄氏、女の激突! の事
  • 七縦七擒の末、南蛮王蜀に屈すの事
  • 曹丕、息子曹叡と共に中原の鹿を逐うの事
  • 曹丕倒れ、ここぞとばかりに横暴を叩かれるの事
  • 曹丕、無を祓い、親愛なる友へ未来を託すの事
  • 魏帝曹叡、叡智を示し、孫呉はやっぱりアレの事
  • 良禽は木を選び、孟達は君主選ばずの事
  • 孔明、出師の表を尤もらしくぶち上げるの事
  • とある平和な日の司馬家の家庭の事情の事
  • 孔明、北伐の兵を挙げ、天水に麒麟児生まるるの事
  • 街亭の戦起こり、馬謖出陣すの事
  • 孔明、空城の計を操り、司馬懿、危ぶむの事
  • 孔明、泣いて馬謖を斬るの事

製品情報

製品名 漢晋春秋司馬仲達伝三国志 しばちゅうさん(4)
著者名 著:末弘
発売日 2013年06月21日
価格 定価 : 本体524円(税別)
ISBN 978-4-06-352469-7
判型 B6
ページ数 128ページ
シリーズ イブニングKC
初出 『イブニング』2012年20号~24号、2013年1号~10号

著者紹介

オンライン書店で見る