怪物王女(10)

月刊少年シリウス
カイブツオウジョ
  • 電子あり
怪物王女(10)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

命の恩人は、怪物の姫だった!

不慮の事故によって、命を失ったヒロ。
謎の少女「姫」の血を飲むことによって、ヒロは死から生還する。
しかし、不思議な血の力によって死から蘇った少年を、
血の戦士としての戦いが待っていた。
姫は、怪物と呼ばれる異形の者たちを統べる王族の一員であったのだ。
王位をめぐる、血を分けた兄弟姉妹による殺戮の嵐。
策謀と憎悪の渦に、姫とその血の戦士は飲み込まれていく。


怪物と呼ばれる異形の者たち。その全てを統べる王族。王族の一員である姫は、新たな王を決める戦いの渦中にいる。姫の血により不死身を得ることとなった少年ヒロ。ヒロは王座を巡る戦いに巻き込まれ、怪物の世界、王族の秘密、そして王位継承権争いの謎を知っていく。しかし、その深淵を計りきることはまだできない。

目次

  • 墓場王女
  • 屍王女
  • 招来王女
  • 錯綜王女
  • 廃屋王女
  • Bonus Track

製品情報

製品名 怪物王女(10)
著者名 著:光永 康則
発売日 2009年11月20日
価格 定価 : 本体552円(税別)
ISBN 978-4-06-373194-1
判型 B6
ページ数 208ページ
シリーズ シリウスKC
初出 『月刊少年シリウス』2009年4月号~8月号

著者紹介

著:光永 康則(ミツナガ ヤスノリ)

静岡県浜松市出身。小学館『ビッグコミックスピリッツ』増刊号でデビューし、上京。主に中原裕氏のアシスタントを務めたのち、小学館『月刊サンデー GX』誌上で『トラフィッカー』を連載開始。その後、『月刊少年シリウス』にて『怪物王女』を連載中。

オンライン書店で見る