DEAR BOYS ACT3(4)

月刊少年マガジン
ディアボーイズアクトスリー
  • 電子あり
DEAR BOYS ACT3(4)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

インターハイ準決勝第2試合、瑞穂対成田中央。第2クォーター終盤で榎本との交替を告げられた石井。ここに瑞穂バスケ部再始動以来初の「石井努がコートにいない試合」が始まった。がむしゃらさでコートをかきまわす榎本は突破口を切り開くことができるのか? そして初めてベンチから本番の試合を観る石井は、今まで見えていなかった様々なことに気付く‥‥。準決勝第2試合いよいよ後半戦!

目次

  • SCENE13 DON'T UNDERESTIMATE ME!
  • SCENE14 JUST STANDING
  • SCENE15 WHAT FOR...
  • SCENE16 REIGNITION

製品情報

製品名 DEAR BOYS ACT3(4)
著者名 著:八神 ひろき
発売日 2010年06月17日
価格 定価 : 本体429円(税別)
ISBN 978-4-06-371249-0
判型 新書
ページ数 198ページ
シリーズ 講談社コミックス月刊マガジン
初出 『月刊少年マガジン』2010年1月号~4月号

著者紹介

著:八神 ひろき(ヤガミ ヒロキ)

1966年生まれ。新潟県出身。1987年、「月刊少年マガジン」にて『2人におまかせ』でデビュー。1989年より同誌にて『DEAR BOYS』を連載開始。1996年から2004年まで『G-taste』を連載(ミスターマガジン~ヤングマガジンUppers)。『DEAR BOYS』は、番外編『DEAR BOYS THE EARLY DAYS』を挟み、1997年より『DEAR BOYS ACTII』として現在連載中。『DEAR BOYS』は単行本のシリーズ累計売上が3,600万部を超え、2007年には『DEAR BOYS ACTII』で第31回講談社漫画賞少年部門を受賞。

オンライン書店で見る