犬神家の一族

講談社プラチナコミックス(KPC)
イヌガミケノイチゾク
漫画・漫画原作:つのだ じろう 原作:横溝 正史
犬神家の一族
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

本作は、数多い横溝作品のなかでも屈指の名作です。
莫大な資産を誇る犬神財閥の創始者・犬神佐兵衛翁が死んだ――。
妾腹の実子達、孫、そして第三者の出現、血塗られた遺産相続がついにその幕をあげた。斧(よき)・琴・菊――。犬神家に伝わる3つの神器になぞらえた恐ろしい殺人事件。3人目の犠牲者は誰か!?そして死体を飾り立てる極彩色の芥子(けし)が意味するものは――!?金田一耕助が、犬神家に隠された、戦慄の真相に迫る!!忌まわしい血族の封印が、今、解かれようとしている――。

製品情報

製品名 犬神家の一族
著者名 漫画・漫画原作:つのだ じろう 原作:横溝 正史
発売日 2006年12月06日
価格 定価 : 本体333円(税別)
ISBN 978-4-06-371897-3
判型 B6
ページ数 252ページ
シリーズ 講談社プラチナコミックス

著者紹介

漫画・漫画原作:つのだ じろう(ツノダ ジロウ)

1936年生まれ。東京都出身。1955年、「漫画少年」に『新桃太郎』でデビュー。1958年、出世作『ルミちゃん教室』を「りぼん」に連載開始。以後、少年・少女誌などに数多く作品を発表する。主な作品に『ばら色の海』(第2回講談社児童まんが賞受賞)『ブラック団』『怪虫カブトン』『うしろの百太朗』『恐怖新聞』などがある。