アンダーカレント

アフタヌーン
アンダーカレント
アンダーカレント
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ほんとうはすべて知っていた。心の底流(undercurrent)が導く結末を。夫が失踪し、家業の銭湯も手につかず、途方に暮れる女。やがて銭湯を再開した女を、目立たず語らずひっそりと支える男。穏やかな日々の底で悲劇と喜劇が交差し、出会って離れる人間の、充実感と喪失感が深く流れる。 映画一本よりなお深い、至福の漫画体験を約束します。 「今、最も読まれるべき漫画はこれだ!すでに四季賞受賞作で確信していたその物語性と演出力に驚く。豊田徹也は心の底流に潜む、なにかの正体を求めるように静かに語る。」――(谷口ジロー)


ほんとうはすべて知っていた。心の底流(undercurrent)が導く結末を。夫が失踪し、家業の銭湯も手につかず、途方に暮れる女。やがて銭湯を再開した女を、目立たず語らずひっそりと支える男。穏やかな日々の底で悲劇と喜劇が交差し、出会って離れる人間の、充実感と喪失感が深く流れる。 映画一本よりなお深い、至福の漫画体験を約束します。

製品情報

製品名 アンダーカレント
著者名 著:豊田 徹也
発売日 2005年11月20日
価格 定価 : 本体943円(税別)
ISBN 978-4-06-372092-1
判型 A5
ページ数 304ページ
シリーズ KCデラックス
初出 『アフアタヌーン』’04年10月号~’05年1月号、3月号~6月号、8月号~10月号