オイレンシュピーゲル(4)

月刊少年シリウス
オイレンシュピーゲル
漫画・漫画原作:二階堂 ヒカル 原作:冲方 丁
  • 電子あり
オイレンシュピーゲル(4)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ミリオポリスに災厄の流星墜つ。そして新たな火種が流れ込む。テロ/謀略/不信/極限/混乱‥‥不自由な闘争へとその身を投じる「3頭の犬=3人の少女」たち。破滅へと突き進むミリオポリスを守り抜けるか、そして生き残れるか!? 火と血の赤いカバーが目印の[FRAGILE!!]編(4巻~)!!


ミリオポリスの空と、つかの間の休日を引き裂き墜落したロシアの人工衛星。そのパーツをめぐり、ミリオポリスになだれ込んでくるテログループ。それは、この街を壊滅へと導く事件の幕開けだった。さらなるスケールでのぞむ新章[FRAGILE!!]編、開幕!

目次

  • FRAGILE!!/壊れもの注意!! #1
  • FRAGILE!!/壊れもの注意!! #2
  • FRAGILE!!/壊れもの注意!! #3
  • KEEP OUT OF THE REACH OF CHILDREN/子供に渡さないでください #1
  • [EXTRA CHAPTER]KAGERO’S CHRISTMAS/陽炎のクリスマス

製品情報

製品名 オイレンシュピーゲル(4)
著者名 漫画・漫画原作:二階堂 ヒカル 原作:冲方 丁
発売日 2011年05月09日
価格 定価 : 本体600円(税別)
ISBN 978-4-06-376269-3
判型 B6
ページ数 176ページ
シリーズ シリウスKC
初出 『月刊少年シリウス』2011年2月号~5月号

著者紹介

漫画・漫画原作:二階堂 ヒカル(ニカイドウ ヒカル)

マガジンZで連載され大きな反響を呼んだアクション巨編『ATOMICネコカブッ』の作者。その作品で描かれた──混沌極まる世界情勢の透視図としての近未来ヨーロッパ──を舞台に展開するハードなアクションというコンセプトが今回見事に冲方原作と呼応し、まさに一期一会といえる作品へと結実している。

原作:冲方 丁(ウブカタ トウ)

『マルドゥック・スクランブル』『シュヴァリエ』『蒼穹のファフナー』『ヒロイックエイジ』『カルドセプト』…全メディアの枠を軽々と越え、創作の場を拡大
する「文芸革命児」!!! この『オイレンシュピーゲル』もまた、冲方だから実現できた「同時多発ストーリー」という企みが生んだ、最高の果実である。

オンライン書店で見る