怪物王女(15)

月刊少年シリウス
カイブツオウジョ
  • 電子あり
怪物王女(15)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

命の恩人は、怪物の姫だった!

不慮の事故によって、命を失ったヒロ。
謎の少女「姫」の血を飲むことによって、ヒロは死から生還する。
しかし、不思議な血の力によって死から蘇った少年を、
血の戦士としての戦いが待っていた。
姫は、怪物と呼ばれる異形の者たちを統べる王族の一員であったのだ。
王位をめぐる、血を分けた兄弟姉妹による殺戮の嵐。
策謀と憎悪の渦に、姫とその血の戦士は飲み込まれていく。


笹鳴町の観光地、竜ヶ背洞。しかしその地下には広大な空間が広がり、未知の巨大文明があるという。その真偽を確かめるべく、洞窟に足を踏み入れた我々探検隊を待ち受けていたのは、白骨死体、吸血生物、そして謎の巨大生物だった!数々の苦難に打ち勝ち、突き進む我々探検隊を奈落の底に突き落とした衝撃の真実とは!?そして、光射さぬ最深部で探検隊が目にしたモノとはいったい!?

目次

  • 奈落王女
  • 円盤王女
  • 別人王女
  • 討入王女
  • Bonus Track

製品情報

製品名 怪物王女(15)
著者名 著:光永 康則
発売日 2011年06月09日
価格 定価 : 本体552円(税別)
ISBN 978-4-06-376270-9
判型 B6
ページ数 192ページ
シリーズ シリウスKC
初出 『月刊少年シリウス』2011年1月号~2011年4月号

著者紹介

著:光永 康則(ミツナガ ヤスノリ)

静岡県浜松市出身。小学館『ビッグコミックスピリッツ』増刊号でデビューし、上京。主に中原裕氏のアシスタントを務めたのち、小学館『月刊サンデー GX』誌上で『トラフィッカー』を連載開始。その後、『月刊少年シリウス』にて『怪物王女』を連載中。

オンライン書店で見る