マコちゃんのリップクリーム(9)

月刊少年シリウス
マコチャンノリップクリーム
  • 電子あり
マコちゃんのリップクリーム(9)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

リップ・バンバン・ウインクル!

唱えて塗れば、何にだって変身できちゃう「謎のリップクリーム」。それを使いすぎて呪われちゃった自業自得すぎる魔女・ザイアーの頼みで、いたって普通の小学児童マコちゃんの柔らか脳がフル回転するぞ!

大阪発の天才よいこギャグ! 尾玉なみえ最長連載記録更新中!!


おまめ町の住人は皆、愛をこじらせた哀しき獣。姉至上主義者。歪んだ性の求道者。自意識過剰女。愚かな子供。幼児退行する三十路。社内ニート。制止不能な暴走サイコパス。 そんなみんなの奇行はマコちゃんが一発解決(?)。塗れば何にでも変身できる魔法のリップクリームが今日もキラリと光る!誰も予想も希望もしすらしなかったまさかの9巻目! 明日は赤飯だ!

目次

  • リップ・63 ブラザーサン シスタームーン
  • リップ・64 行き行きてド外道 
  • リップ・65 超現実サルバベイブ
  • リップ・66 言葉にできるリーズン
  • リップ・67 もう一度ベイビー
  • リップ・68 王のように振る舞う
  • リップ・69 ペイジ バースデイ
  • リップ・70 鼻と小デブと処女

製品情報

製品名 マコちゃんのリップクリーム(9)
著者名 著:尾玉 なみえ
発売日 2013年06月07日
価格 定価 : 本体600円(税別)
ISBN 978-4-06-376403-1
判型 B6
ページ数 168ページ
シリーズ シリウスKC
初出 『月刊少年シリウス』2012年11月号~2013年6月号

著者紹介

著:尾玉 なみえ(オダマ ナミエ)

1995年、月刊アフタヌーン四季賞佳作でひっそりデビュー。『純情パイン』で第52回赤塚賞準入選、同作品で週刊少年ジャンプ連載。世にその個性的な作風で衝撃をあたえすぎて打ち切られる。次々に作品を発表し、次々に打ち切られるのに、しぶとく生き残ってるので、いつしか業界では「ゾンビ」「おきあがりこぼし」「マッチポンプ」などの通り名が。2007年、『マコちゃんのリップクリーム』を月刊少年シリウスにて連載開始。2008年現在、打ち切られておらぬせいで、いつしか業界では「ゾンビくずれ」「おきあがり待ちこぼし」「山火事」の通り名が。

オンライン書店で見る