レッド 最後の60日 そしてあさま山荘へ(1)

イブニング
レッドサイゴノロクジュウニチソシテアサマサンソウヘ1
  • 電子あり
レッド 最後の60日 そしてあさま山荘へ(1)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

あの連合赤軍事件をモチーフに、1972年2月のあさま山荘事件へ向かう当事者達最後の60日を、山本直樹が徹底した取材を基に丹念に描く。第1巻では、1972年1月3日までの山岳ベースにおける総括要求、仲間内のリンチ、そしてメンバー二人の壮絶な“敗北死”が描かれる。山岳という閉鎖空間に集った若者たちの自己正当化と、思考停止。他人事ではない、すべての組織が抱える闇。組織に属する者、束ねる者必読の第1巻!

目次

  • 1972年1月1日『山谷物語を聞いてるんじゃない!』
  • 1972年1月1日『こんなのが総括なのか?』
  • 1972年1月1日『甘えるなっ!!』
  • 1972年1月1日『もうダメだ』
  • 1972年1月1日『総括しようとしてるんやな』
  • 1972年1月1日~2日『死をつきつけても革命戦士にはなれない』
  • 1972年1月2日『やってめえりやした』
  • 1972年1月2日『死にたくない』
  • 1972年1月3日『こんなことやっていいのか?』
  • 1972年1月3日『革命について全くわかっていない!!』
  • 1972年1月3日『だんだん死人の顔になってくる』
  • 1972年1月3日『頭の中を死がぐるぐる回っている!!』
  • 1972年1月3日『自分の顔を殴れ!』
  • 1972年1月3日『切り直せ!』

製品情報

製品名 レッド 最後の60日 そしてあさま山荘へ(1)
著者名 著:山本 直樹
発売日 2015年02月23日
価格 定価 : 本体1,000円(税別)
ISBN 978-4-06-377088-9
判型 A5
ページ数 192ページ
シリーズ KCデラックス
初出 『イブニング』2014年5号~18号

オンライン書店で見る