サムライ・ラガッツィ 戦国少年西方見聞録(6)

サムライラガッツィセンゴクショウネンセイホウケンブンロク
  • 電子あり
サムライ・ラガッツィ 戦国少年西方見聞録(6)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

16世紀末のインドシナ半島。東南海随一の強国・ホンサワディーは、圧倒的な武力で半島を支配していた。晴信と桃十郎は、奴隷として囚われている少女・多栄を救い出すため、アユタヤの若者・獅子(シンハ)のルンディンと手を組み、ホンサワディーに向かう。アユタヤ王子の助けも受け、王宮に直接潜入した晴信達。強大な王・“黒き阿修羅”マンサムキアットが睨みを利かし、武装した兵士達がひしめく敵本丸の真っ只中で、所在すら分からない一人の少女を探し、救い、脱出する――。絶対不可能任務に、桃十郎の忍びの技が冴える!


晴信と桃十郎は、奴隷として囚われている少女・多栄を救い出すため、アユタヤの若者・ルンディンと手を組み、ホンサワディー王国に向かう。途中、ホンサワディーの大軍の只中を突破し、なんとか王宮までたどり着いた晴信達。しかし、そこで待っていたのは、東南海一の強者・“黒き阿修羅”――。その眼前で、少女を探し、救い、脱出すしなければならない。この不可能任務に桃十郎が選んだ驚きの方法とは――。驚愕展開の第6巻!

目次

  • 第二十ノ項 ~マラッカ・アユタヤ~ 川中島の王子
  • 第二十一ノ項 ~アユタヤ~ ほほ笑みの国へ
  • 第二十二ノ項 ~ホンサワディー~ 潜入作戦実行中
  • 第二十三ノ項 ~ホンサワディー~ 脱出

製品情報

製品名 サムライ・ラガッツィ 戦国少年西方見聞録(6)
著者名 著:金田 達也
発売日 2012年08月03日
価格 定価 : 本体419円(税別)
ISBN 978-4-06-380229-0
判型 新書
ページ数 192ページ
シリーズ ライバルKC
初出 『月刊少年ライバル』2012年4月号~7月号

オンライン書店で見る