サムライ・ラガッツィ 戦国少年西方見聞録(7)

サムライラガッツィセンゴクショウネンセイホウケンブンロク
  • 電子あり
サムライ・ラガッツィ 戦国少年西方見聞録(7)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

時は天正十年、戦国の世。異なる形で夢を追う主従2人が、天正遣欧使節に参加し、世界を舞台に活躍する!
主・播馬晴信:九州の小国の元領主。世界の全てを知りたい15歳の少年。一目で人や物との距離を把握する“測量の見切り”を使い、“萬國大百科”の完成を目指す。
従者・桃十郎(朧夜叉):伊賀最強を誇った忍び。「日本最強の男(=信長)を自分の手で斬る」という夢を、本能寺の変により失う。晴信を殺しにきたが、逆に晴信に一年だけ仕える約束を結んだ。燻った「最強」への夢の続きを、「世界」に見る――!


ホンサワディー皇太子が、大軍を引き連れてアユタヤに侵攻した。迎え撃つはナレスワン王子率いるアユタヤ軍。両軍がまさにぶつからんとするその時、晴信の秘策が炸裂! 戦で一人の死者も出さぬように、晴信はお互いの国を代表した者達だけの「決闘」を提案する。晴&桃&ナレスワンと、皇太子と2体の手下による、3対3の国を懸けた戦いが始まった! 途中、桃十郎と離れて独り戦う事になった晴信に、絶体絶命の危機が迫る!!

目次

  • 第二十四ノ項 ~アユタヤ~ 決戦
  • 第二十五ノ項 ~アユタヤ~ “一騎討ち”
  • 第二十六ノ項 ~アユタヤ~ 喜悦と憤怒
  • 第二十七ノ項 ~アユタヤ~ 笑う者

製品情報

製品名 サムライ・ラガッツィ 戦国少年西方見聞録(7)
著者名 著:金田 達也
発売日 2012年12月28日
価格 定価 : 本体429円(税別)
ISBN 978-4-06-380247-4
判型 新書
ページ数 192ページ
シリーズ ライバルKC
初出 『月刊少年ライバル』2012年8月号~11月号

オンライン書店で見る