サムライ・ラガッツィ 戦国少年西方見聞録(9)

サムライラガッツィセンゴクショウネンセイホウケンブンロク
  • 電子あり
サムライ・ラガッツィ 戦国少年西方見聞録(9)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

時は天正十年、戦国の世。異なる形で夢を追う主従2人が、天正遣欧使節に参加し、世界を舞台に活躍する!
主・播馬晴信:九州の小国の元領主。世界の全てを知りたい15歳の少年。一目で人や物との距離を把握する“測量の見切り”を使い、“萬國大百科”の完成を目指す。
従者・桃十郎(朧夜叉):伊賀最強を誇った忍び。「日本最強の男(=信長)を自分の手で斬る」という夢を、本能寺の変により失う。晴信を殺しにきたが、逆に晴信に一年だけ仕える約束を結んだ。燻った「最強」への夢の続きを、「世界」に見る――!


“東洋のローマ”ことインドのゴアに到着した使節団一行。見るもの全てが新しい街に歓喜する晴信に対し、戦場からは程遠い平穏な日々に厭く桃十郎。主従の契約が切れる“一年(ルビ;ひととせ)”が迫る中、晴信は街で居合の達人に出会う。自らを“さむらい”と称する男は、晴信を主と仰ぎ、士官を申し出た。一方その頃、桃十郎の前に現れたのは、追いかけ続けていた「あの男」にそっくりの将だった――!!

目次

  • 第三十二ノ項 ~東洋のローマ・ゴア~“ノブナガ”と“サムライ”
  • 第三十三ノ項 ~ゴア~褐色のノブナガと青い目のさむらい
  • 第三十四ノ項 ~ゴア~“サッグ”闇夜に卑怯者
  • 第三十五ノ項 ~ゴア~未知への迷宮

製品情報

製品名 サムライ・ラガッツィ 戦国少年西方見聞録(9)
著者名 著:金田 達也
発売日 2014年04月04日
価格 定価 : 本体429円(税別)
ISBN 978-4-06-380283-2
判型 新書
ページ数 192ページ
シリーズ ライバルKC
初出 『月刊少年ライバル』2013年4月号~7月号

オンライン書店で見る