異域之鬼(3)

ARIA
イイキノキ
  • 電子あり
異域之鬼(3)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ロマン華やぐ時代の、帝都。
震災後の瓦礫の下から、一人の少年が救いだされる。
手には謎の刻印、鬼の面をつけ、手を縛められた状態で見つかったこの少年は、
自分の「ソラト」という名前以外、一切の記憶を失っていた……。
それから2年後、彼は引き取られた神近男爵邸で、錯綜する悪意に飲み込まれる!!
巷で頻発する女学生殺人事件、男爵家跡継ぎ・我藍との永遠の友情、ワルプルギスの夜……。
鬼才・由貴香織里が壮大なスケールで描く戦慄の黒魔術ファンタジー! ここに開幕!!


悪魔に捕らえられた乃々羽を救うため敵地に乗り込んだソラトは、「聖裁」と称する公開処刑を目撃する。大量の生け贄、レイスの裏切り、人質となった最愛の人。ソラトの脳裏によみがえる、親友を失ったあの夜の記憶。人の命を糧に召喚される恐怖の大いなる大王とソラトは再び対峙するのか!?

目次

  • 現代編
  • 現代編
  • 現代編
  • 現代編

製品情報

製品名 異域之鬼(3)
著者名 著:由貴 香織里
発売日 2011年12月07日
価格 定価 : 本体562円(税別)
ISBN 978-4-06-380550-5
判型 B6
ページ数 170ページ
シリーズ KCx
初出 『ARIA』2011年8月号~10月号、12月号

著者紹介

著:由貴 香織里(ユキ カオリ)

1987年「別冊花とゆめ」秋の号
『夏服のエリー』(白泉社)でデビュー。
代表作に『天使禁猟区』『伯爵カインシリーズ』
『人形宮廷楽団』(すべて白泉社)など。
美しく退廃的な世界観と
稀代のエンターテイメント性を
併せ持った作品の数々で、多くのファンを持つ。

オンライン書店で見る