龍狼伝 軍師・孔明の策謀編 アンコール刊行

講談社プラチナコミックス(KPC)
リュウロウデングンシコウメイノサクボウヘンアンコールカンコウ
龍狼伝 軍師・孔明の策謀編 アンコール刊行
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

多大な犠牲を出しながらも“長坂坡の戦い”を生き抜いた劉備軍。曹操軍への反攻を決意し、呉との同盟を成立させるために呉の主公・孫権と会見した軍師・孔明と志狼。呉の重臣のほとんどが曹軍との開戦に反対する中、孔明はその弁舌をもって開戦の重要性を説くのだった。一方、志狼は“竜の子”の実在を示すため、呉が誇る三人の武術家『三聖』と対決することに! 槍、刀、白打(素手)の達人を相手に志狼は――!?

製品情報

製品名 龍狼伝 軍師・孔明の策謀編 アンコール刊行
著者名 著:山原 義人
発売日 2015年07月08日
価格 定価 : 本体648円(税別)
ISBN 978-4-06-385714-6
判型 B6
シリーズ 講談社プラチナコミックス
初出 『月刊少年マガジン』1996年2月号~11月号

著者紹介

著:山原 義人(ヤマハラ ヨシト)

1963年6月24日生まれ。沖縄県那覇市出身。
手塚治虫に憧れ、漫画家を志す。大学卒業後に上京し、漫画修業を開始。
1992年、第6回月マガチャレンジ大賞にて入選受賞。
 1993年、「月刊少年マガジン」8月号にてデビュー作『龍狼伝』の連載を開始、第21回講談社漫画賞受賞。2007年4月号より『龍狼伝 中原繚乱編』として、現在に至る。