分冊版 ふたりのヒミツ。(11)

なかよし
ブンサツバン フタリノヒミツ。(11)
  • 電子のみ
  • イベント
分冊版 ふたりのヒミツ。(11)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

文化祭で匠に大失恋した姫々。いっぽう哲平は、美怜とまた付き合うことに! 担任・真由にいれかわりを指摘され、大ピンチのふたりだったけど、思わぬ事実が判明したことで、一気にキョリが縮まって――。それぞれの本当の思いは、伝えたい相手は? すべてが決着する最終巻!【第11話を収録】

製品情報

製品名 分冊版 ふたりのヒミツ。(11)
著者名 著:茂呂おりえ

著者紹介

著:茂呂おりえ(モロオリエ)

11月1日生まれ、さそり座のA型。千葉県出身。
2007年、第44回なかよし新人まんが賞佳作『はじまりの電車』で、「なかよしラブリー」(2007年秋の号)よりデビュー。代表作は『神か悪魔か』『ふたりのヒミツ。』。

オンライン書店で見る