魃鬼(2)

アフタヌーン
バッキ2
  • 電子あり
魃鬼(2)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

修介が越してきた母の郷里である鬼釜村では、この村を司る神・魃鬼に娘を生贄として捧げるという因襲が今でも行われていた――。幼なじみの千種が次の生贄に選ばれたことを知った修介。儀式を取り止めるよう春を説得しに向かう。しかし説得はおろか春の信仰心まで傷つけてしまい、事態は思わぬ方向へ転ぶ…。血塗られた村で繰り広げられる因襲サスペンス・ホラー、完結。

製品情報

製品名 魃鬼(2)
著者名 著:下川 咲
発売日 2018年04月23日
価格 定価 : 本体690円(税別)
ISBN 978-4-06-511219-9
判型 B6
シリーズ アフタヌーンKC
初出 『アフタヌーン』2017年10月号~2018年4月号

著者紹介

著:下川 咲(シモカワ サキ)

2015年・秋の四季賞に投稿した『海の向こう、月の裏側』で「四季大賞」を受賞。
翌2016年に読み切り『連理の枝』を発表し、2017年3月より『魃鬼』で本格連載スタート。

オンライン書店で見る