さくらとともに舞う

講談社ラノベ文庫
サクラトトモニマウ
著:ひなた 華月 イラスト:堀泉 インコ
  • 電子あり
さくらとともに舞う
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

荒人魂が、都で人を殺め回っているという。母も荒人魂に殺されためぐるは、仇を討つため剪定士をめざす。剪定士とはパートナーの舞姫が放つ“花力”を借りて荒人魂と戦う剣士のこと。めぐるは都で舞姫候補の桜みらいと10年振りの再会を果たした。喜ぶのもつかの間、彼女は四大流派の跡継ぎ娘。庶民のめぐるが簡単に声をかけることもできない存在になっていた。そんな半人前のめぐるの前に、荒人魂を生む者が現れる!!


人々を殺め苦しめる荒人魂が、都に頻発するようになった。その荒人魂に母を殺された明石めぐるは、剪定士をめざし鸞鳳学院に入学する。剪定士とはパートナーになる舞姫が放つ“花力”を借りて荒人魂と戦う剣士のこと。学院では剪定士・舞姫を目指す候補生達が厳しい特訓を受けていた。入学初日、めぐるは舞姫候補の桜みらいと10年振りの再会を果たす。しかし、彼女は四大流派の跡継ぎ娘、庶民のめぐるがパートナーになることなど簡単に認めて貰えるはずもない。実力で認めて貰おうと日々特訓に没頭するが、ある郊外学習で荒人魂と遭遇してしまう。そしてそれをきっかけにみらいの秘密が明らかに! 京の都は次第に闇の中へと引きずり込まれていく。

製品情報

製品名 さくらとともに舞う
著者名 著:ひなた 華月 イラスト:堀泉 インコ
発売日 2017年09月29日
価格 定価 : 本体620円(税別)
ISBN 978-4-06-381629-7
判型 A6
ページ数 296ページ
シリーズ 講談社ラノベ文庫

オンライン書店で見る