EAT-MAN THE MAIN DISH(4)

月刊少年シリウス
イートマンザメインディッシュ4
  • 電子あり
EAT-MAN THE MAIN DISH(4)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

1996-2003年、SF漫画界に金字塔を打ち建てた吉富昭仁の代表作『EAT-MAN』が、およそ10年の時を経て復活した新シリーズ……それが本作『EAT-MAN THE MAIN DISH』だ! ネジや金属を食す“世界一の冒険屋”ボルト・クランクの活躍を描く異世界SFアクションっぷりは健在ながら、本シリーズではサブタイトルどおり、物語が核心(=メインディッシュ)に向かって突き進む。あらゆるものを食し、右腕から再生して放つ異能者・ボルトとは一体、何者なのか!? ボルトらの住む異世界と、我々が住む現実世界が交わる時、果たして何が起きるのか…? 旧シリーズでは描かれなかったテーマに、圧倒的な画力で斬り込む、シリーズ最新作にして決定版!!


既刊3冊の単行本を残したまま、フラリとどこかへ旅立っていたボルト・クランクこと“EAT-MAN”が、2年半ぶりに帰って来た!(その間に何故か『サイボーグ009 VS デビルマン -BREAKDOWN-』が刊行されているが……)。今巻にてボルトたち一行が向かうのは、現代の東京。少年期のボルトと現在のボルトの邂逅は、何をもたらすのか!? 物語は最高潮(メインディッシュ)に向け、一気呵成に突き進む――!

製品情報

製品名 EAT-MAN THE MAIN DISH(4)
著者名 著:吉富 昭仁
発売日 2018年06月08日
価格 定価 : 本体600円(税別)
ISBN 978-4-06-511628-9
判型 B6
ページ数 194ページ
シリーズ シリウスKC
初出 「月刊少年シリウス」2018年3月号~7月号

著者紹介

著:吉富 昭仁(ヨシトミ アキヒト)

高校時代、ライトノベルの挿絵で画業をスタート。『EAT-MAN』『RAY』『BLUE DROP』など代表作多数。近著には『地球の放課後』『スクール人魚』『バランスポリシー』などがある。SFからエロティシズムまで幅広い作風で知られる実力派作家。

関連シリーズ

オンライン書店で見る