魔術の流儀の血風録

講談社ラノベ文庫
マジュツノリュウギノノワールルージュ
  • 電子あり
魔術の流儀の血風録
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

世界でもっとも魔術師たちが跳梁跋扈する楽園――マギウス・ヘイヴンとなった東京。その治安を守るために作られた、特別高等魔術警察の警察官――すなわち特高魔術師たちは、魔術師が起こす事件や犯罪に日々立ち向かっている。特高魔術師のひとり・綾瀬覚馬は、まだ高校生でありながら、〈人斬り覚馬〉の異名をもつ凄腕の魔術師として活動していた。そんな彼のもとに、アッシュという少女が人材交流としてやってきて……!?


戦争末期の壮大な魔術実験の結果、世界でもっとも魔術師たちが跳梁跋扈する楽園――マギウス・ヘイヴンとなった東京。
その治安を守るために作られた、特別高等魔術警察の警察官――すなわち特高魔術師たちは、魔術師が起こす事件や犯罪に日々立ち向かっている。
特高魔術師のひとり・綾瀬覚馬は、まだ高校生でありながら、〈人斬り覚馬〉の異名をもつ凄腕の魔術師として活動していた。
そんな中、北米系の魔術師ギルドから、アッシュという少女が人材交流としてやってくる。
覚馬やその同僚の少女・穂積たちと、なごやかな日常生活を送るアッシュ。
だが、おりしも街に連続魔術師殺し事件が起きる。
そして、その犯人の姿は、アッシュに酷似していて……!?

製品情報

製品名 魔術の流儀の血風録
著者名 著:北元 あきの イラスト:POKImari
発売日 2018年10月02日
価格 定価 : 本体640円(税別)
ISBN 978-4-06-513786-4
判型 A6
ページ数 280ページ
シリーズ 講談社ラノベ文庫

オンライン書店で見る