十二人の死にたい子どもたち(3)

good! アフタヌーン
ジュウニニンノシニタイコドモタチ3
原作:冲方 丁 漫画・漫画原作:熊倉 隆敏
  • 電子あり
十二人の死にたい子どもたち(3)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ネット上のホームページに導かれて、廃病院に集まった十二人の少年少女。初対面の彼らの目的は全員で「安楽死」をすること。だが、決行するための地下室にはすでに一人の少年が横たわっていた。彼は、自殺か、他殺か、そもそも誰なのか。少年少女たちは不測の事態に際し、この集いの原則「全員一致」に従い話し合いを始める──! 異才・冲方丁の直木賞候補作を、実力派・熊倉隆敏が渾身のコミカライズ!


十二人それぞれか語る参加の動機。巻き起こる議論。シンジロウが推理するゼロ番の真実──。集団安楽死を目的とした「集い」の行方は果たして……!? 二つの才能が紡ぐ思春期ミステリー、素晴らしい読後感で堂々の完結!! 2019年1月には実写映画も全国ロードショー! 

製品情報

製品名 十二人の死にたい子どもたち(3)
著者名 原作:冲方 丁 漫画・漫画原作:熊倉 隆敏
発売日 2019年01月07日
価格 定価 : 本体694円(税別)
ISBN 978-4-06-514149-6
判型 B6
ページ数 256ページ
シリーズ アフタヌーンKC
初出 「good!アフタヌーン」2018年6号~12号

著者紹介

原作:冲方 丁(ウブカタ トウ)

1977年2月14日生まれ。
1996年、『黒い季節』(KADOKAWA)でデビュー。
代表作は『マルドゥック・スクランブル』シリーズ、『シュピーゲル』シリーズ、『天地明察』、『光圀伝』など多数。
『シュヴァリエ』、『蒼穹のファフナー』、『攻殻機動隊ARISE』などメディアを超えて創作の場を拡大している「文芸革命児」!
本作は著者初の現代長編ミステリー。

漫画・漫画原作:熊倉 隆敏(クマクラ タカトシ)

1974年、栃木県生まれ。漫画家。
1996年、アフタヌーン四季賞秋のコンテスト入賞。
2000年、「アフタヌーンシーズン増刊」に掲載された妖怪漫画『もっけ』でデビュー。
『もっけ』は、2003年3月号から掲載誌を「アフタヌーン」に移し、2007年にはTVアニメ化されている。
2010年から2012年まで「アフタヌーン」誌上で『ネクログ』を連載。

おすすめの本

オンライン書店で見る