修羅の刻 源義経編(弐) アンコール刊行!

講談社プラチナコミックス(KPC)
シュラノトキミナモトノヨシツネヘンニアンコールカンコウ
修羅の刻 源義経編(弐) アンコール刊行!
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

歴史の影に「陸奥」がいる。『修羅の門』の外伝的作品『修羅の刻』再びKPCで登場!千年不敗の武術、陸奥圓明流。無手によって戦い、強さの地平を目指す者達が紡いだ伝説。そして‥その「陸奥」に挑んだ強者達。宮本武蔵、坂本龍馬、沖田総司‥‥。これは、千年に渡る男達の物語―――。

KPC修羅の刻 シリーズ刊行予定(2019年)
3月6日  織田信長編(壱)
3月20日  織田信長編(弐)&西郷四郎編
4月10日  織田信長編(弐)裏&雷電為右衛門編
4月24日  昭和編


刻は平安末――。「平氏に非ずんば人に非ず」と云われた時代。栄華を極める平家に対し源義家の遺児達が立ち上がる。以仁王の令旨に呼応し挙兵した源頼朝・・そして 「鬼神」陸奥鬼一との縁を得て兵を挙げた源義経。富士川の戦いで平家を破った頼朝は、鎌倉を府に定め地盤を固める。義経は京に進軍した木曾義仲を撃破し、その名を高めていた・・。 だが、平家もまた反撃の機を窺っていた。兵庫・福原に陣を構え、二万を超える兵

製品情報

製品名 修羅の刻 源義経編(弐) アンコール刊行!
著者名 著:川原 正敏
発売日 2019年02月20日
価格 定価 : 本体640円(税別)
ISBN 978-4-06-514612-5
判型 B6
ページ数 520ページ
シリーズ 講談社プラチナコミックス
初出 単行本/月マガKC『修羅の刻』第9巻、第10巻

著者紹介

著:川原 正敏(カワハラ マサトシ)

川原正敏 広島県三原市出身 代表作に『修羅の門』『海皇紀』『修羅の刻』などがある。
現在は月刊少年マガジンで『修羅の門 第弐門』を連載中。また『修羅の門』のスピンオフ作品である『修羅の門異伝 ふでかげ』でも原作を担当している。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 漫画全巻ドットコム
  • 楽天ブックス