改元 島耕作(25) ~平成21年~

モーニング
カイゲン シマコウサク (25)  ~ヘイセイ21ネン~
  • 電子のみ
  • 受賞作
改元 島耕作(25) ~平成21年~
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

【平成21年に掲載した島耕作を一挙収録】子会社の売却に絡むインサイダー取引の疑惑が浮上。調査を始めた島耕作は、取締役・八木尊が関係していることに気づく。一方、世界市場へ乗り出した島のもとに、出発集団CEO・孫鋭から合弁会社設立の話を持ちかけられる。交渉が難航するなか、孫と愛人・男全マキの息子が誘拐されてしまい!?【あの頃の日本】米国クライスラーが経営破綻/裁判員制度施行

©Kenshi Hirokane

製品情報

製品名 改元 島耕作(25) ~平成21年~
著者名 著:弘兼 憲史

著者紹介

著:弘兼 憲史(ヒロカネ ケンシ)

1947年山口県岩国市生まれ。早稲田大学卒業。松下電器産業に勤務の後、1974年漫画家デビュー。『人間交差点』(原作:矢島正雄)で第30回小学館漫画賞、『課長 島耕作』で第15回講談社漫画賞、『黄昏流星群』で2000年文化庁メディア芸術祭優秀賞と2003年漫画家協会賞大賞を受賞。2007年には紫綬褒章を受章している。主な作品はほかに、『ハロー張りネズミ』『加治隆介の議』など多数。現在は、『会長 島耕作』(モーニング)、『黄昏流星群』(ビッグコミックオリジナル)を連載中。

オンライン書店で見る