改元 島耕作(26) ~平成22年~

モーニング
カイゲン シマコウサク (26)  ~ヘイセイ22ネン~
  • 電子のみ
  • 受賞作
改元 島耕作(26) ~平成22年~
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

【平成22年に掲載した島耕作を一挙収録】1月1日、初芝と五洋のブランドを統一するため、初芝五洋ホールディングスは社名を「TECOT(テコット)」と改名。リチウムイオン電池の生産に力を入れる島耕作は、上海マフィアのボス・曽烈生がリチウムを埋蔵するボリビアと獲得交渉を進めていることを知り、探偵の小暮久作たちに調査を依頼する。【あの頃の日本】上海国際博覧会(上海万博)開催/探査機はやぶさが地球へ帰還

©Kenshi Hirokane

製品情報

製品名 改元 島耕作(26) ~平成22年~
著者名 著:弘兼 憲史

著者紹介

著:弘兼 憲史(ヒロカネ ケンシ)

1947年山口県岩国市生まれ。早稲田大学卒業。松下電器産業に勤務の後、1974年漫画家デビュー。『人間交差点』(原作:矢島正雄)で第30回小学館漫画賞、『課長 島耕作』で第15回講談社漫画賞、『黄昏流星群』で2000年文化庁メディア芸術祭優秀賞と2003年漫画家協会賞大賞を受賞。2007年には紫綬褒章を受章している。主な作品はほかに、『ハロー張りネズミ』『加治隆介の議』など多数。現在は、『会長 島耕作』(モーニング)、『黄昏流星群』(ビッグコミックオリジナル)を連載中。

オンライン書店で見る