「クレムリン」既刊・関連作品一覧

  • 電子あり
クレムリン

日本のどこかの道ばたにロシアンブルーがすてられていました。出会いをまちわびるうち、捨て猫は三びきにふえていました。だれも彼らをひろってくれません。ところが神様は猫たちを決してみすてませんでした。猫耳の帽子をかぶった無気力で無表情でブラブラしている若者が、三びきの新しい同居人、あるいはお父さんとなったのです。若者の名前は却津山春雄(きゃつやまはるお)、通称・キャッツ。捨て猫たちと若者の熱い友情がきっとみなさんの胸をうつことでしょう。ご家族そろってどうぞ『クレムリン』を応援してください。