「歎異抄」既刊・関連作品一覧

  • 電子あり
歎異抄

梅原学が探る日本人の「こころ」
親鸞の苦悩と信仰の極み

悪人正機説や他力本願で知られる真宗の開祖・親鸞。危険思想視され烈しい弾圧にあいながらも、人々に受け入れられていった、その教えの本質とは何か。師の苦悩と信仰の極みを弟子の唯円が綴った聖典に詳細な語釈、現代語訳、丁寧な解説をほどこした。日本人の「こころ」を追究する著者の手でよみがえる流麗な文章に秘められた生命への深い思想性。
●大きな文字で読みやすい