「さよならの朝に約束の花をかざろう」既刊・関連作品一覧

  • 電子あり
さよならの朝に約束の花をかざろう

人里離れた土地に住み数百年の寿命を持つイオルフの民は、“別れの一族”と呼ばれていた。両親のいないイオルフの少女マキアは、仲間に囲まれた穏やかな日々を過ごしながらも、どこかで“ひとりぼっち”を感じていた。そんな中、イオルフの長寿の血を求めメザーテ軍が攻め込んできた。仲間も故郷も失い、本当のひとりぼっちになってしまったマキアが出会ったのは、親を亡くしたばかりの“ひとりぼっち”の赤ん坊だった。