肉の唄(2)

著:コウノ コウジ
定価 : 本体552円(税別)

残ったのは、この肉体のみ!

新宿、東口、アルタ前。その巨大なディスプレイには、霊長類史上最強の男と称される、総合格闘技の森戸定治の試合が映っていた! それを悔しげに、憎々しげに見上げる男、一色亮太(いっしきりょうた)は、食うに困って、プロレス団体・新世紀プロレスに道場破りを仕掛ける‥‥。



プロレス魂継承、最強肉食系マンガ最新刊!!「勝ち役」「負け役」が決まっている、一色亮太と小坪との「時間無制限一本勝負ヒンズースクワットデスマッチ」は、極限まで肉体の力を絞りだして「引き分け」に終わった。この結果に納得いかない一色は、決着をつけるべく「新世紀プロレス」に再び乗り込み、社長の佐島に真剣勝負を挑む。さてさて総合格闘技VS.プロレス、最強はどっちだ!?

肉の唄(2)

書店によって取り扱いがない場合もございますので、あらかじめご了承ください。電子書籍での価格は紙の本と異なる場合がありますので、詳しくは各電子書店でご覧ください。