ありをりはべり(7)

著:日向 なつお
定価 : 本体419円(税別)

昔から日本には八百万の神様がいると言われてきた。そんな目に見えない神様たちが中学生の頃から急に見えるようになった棗。高校に入学して早速事件に巻き込まれつつ、地歴部の仲間と(ちっさな神様たちと)共に、楽しい高校生活が始まった!


いざ出雲!そこは縁結びの総本山。山岡先輩と普門寺さん、じれったいふたりの恋の行方は……?神様が「見える」自分の能力を生かせないだろうか。高校3年生になって数ヵ月、進路に思い悩む棗。そんな彼女の前に新たな神様が現れ、強引に連れて行かれた場所は……なんと月!?ありをり史上初の前後編で描く「出雲編」収録!

ありをりはべり(7)

書店によって取り扱いがない場合もございますので、あらかじめご了承ください。電子書籍での価格は紙の本と異なる場合がありますので、詳しくは各電子書店でご覧ください。