かみのすまうところ。(3)<完>

著:有永 イネ
定価 : 本体571円(税別)

超・大規模な仕事を任され、そこにケヤキの神・ニキの木を使おうと決めた。
がしかし、それには大きな穴があり、何にも使えない木と判明する…!
みつきは競りで木の神に騙され、光重朗は独りよがりな図面を描く。
『ごちゃごちゃ言うなら 消えてくれ』
木の神々たちが見えなくなった兄弟は…? そして姿を消したニキは?
珠玉の短編集「さらば、やさしいゆうづる」の有永イネが紡いだ宮大工青春物語、ついに最終巻。

かみのすまうところ。(3)<完>

書店によって取り扱いがない場合もございますので、あらかじめご了承ください。電子書籍での価格は紙の本と異なる場合がありますので、詳しくは各電子書店でご覧ください。