まじもじるるも(6)

著:渡辺 航
定価 : 本体565円(税別)

可愛くて切なくて、ちょっぴり”死”が身近な
マジカル・スラプスティック・コメディ

学校一のスケベ男として女子から総スカンを食らってる柴木のもとに送られてきた魔法のチケット。
それは、魔女から修業魔に格下げされたるるもの人間界での修行のためのものだった。
るるもの修業(と自分の欲望)のために魔法のチケットをじゃんじゃん使うと宣言した柴木だったが、
実はチケットは彼の寿命そのものだったのである。


修業魔に格下げになったものの、魔法を使えば最強レベルのるるも。ところが、運動神経が壊滅的なため魔女なのにホウキに乗れない。そんな彼女が、地上界で初めて知った「自転車」に魅せられた。柴木にコーチを頼んで、転んで 傷だらけ泥まみれになりながらもるるもが魔法以外で初めて修業に打ち込んだ そのわけとは?

まじもじるるも(6)

書店によって取り扱いがない場合もございますので、あらかじめご了承ください。電子書籍での価格は紙の本と異なる場合がありますので、詳しくは各電子書店でご覧ください。

オンライン書店で見る