EAT-MAN THE MAIN DISH(2)

著:吉富 昭仁
定価 : 本体630円(税別)

1996-2003年、SF漫画界に金字塔を打ち建てた吉富昭仁の代表作「EAT-MAN」が、およそ10年の時を経て新シリーズ始動!
かつて(前シリーズで)ボルトに寄生した“食えない奴”が復活。そいつは口が悪く、態度がデカく、しかも凶暴なヘビ型ロボット「テロメア」だ。そんなゆかいな相棒を引き連れ、ボルトが向かう先は、我々がよく知る“異世界”だった! これまでのEAT-MANにはない超展開が目白押し! 「メインディッシュ」と銘打つ今シリーズ、いよいよ本領発揮の第2巻!


西の砂漠で発見された朽ち果てた遺物(メメント)。これを再生させるため、ボルトに遺物を食べさせようとする回収屋たち。ボルトは「このガラクタはとてもじゃないが食えない」と頑なに拒否するも、無理やり食べさせられてしまう。そしてボルトから再生された遺物とは、あの口が悪く、態度がデカく、しかも凶暴なヘビ型ロボット「テロメア」だった。

EAT-MAN THE MAIN DISH(2)

書店によって取り扱いがない場合もございますので、あらかじめご了承ください。電子書籍での価格は紙の本と異なる場合がありますので、詳しくは各電子書店でご覧ください。

オンライン書店で見る