今夜は月が綺麗ですが、とりあえず死ね(8)

漫画・漫画原作:榊原 宗々 原作:要 マジュロ
定価 : 本体440円(税別)

驚愕・壮絶・戦慄の問題作。恋が殺意に侵される――美しくもグロテスクなダーク・ラブ≒サスペンス。
神城卓が片思いの相手・花園魅香に出会った時、ふとよぎったのは「花園の喉元を傘で突き破る」という明確な殺意のビジョンであった。残虐で、残酷で、残忍な世界に囚われた少年が、抗いの果てに辿り着くのは希望か、絶望か!?


ネイブが片腕を失い意識不明の重症を負うという非常事態の最中、神城達は感染者を拉致・殺害する新興宗教組織“えぐま教”とC・I・Dが結託し、クリスマスイブのイベントで大量虐殺計画を企てているという情報を得る。そしてイベント当日、能力を駆使し会場を捜索するも彼らの気配を一切掴めない神城達は不安を募らせる。そんな時、ある地点で異変が起こり始める‥‥

今夜は月が綺麗ですが、とりあえず死ね(8)

書店によって取り扱いがない場合もございますので、あらかじめご了承ください。電子書籍での価格は紙の本と異なる場合がありますので、詳しくは各電子書店でご覧ください。

オンライン書店で見る