改元 島耕作(5) ~昭和62年~

【昭和62年に掲載した島耕作をまるごと収録】87年、副社長・大泉裕介の愛人・典子と関係を持ったことで島耕作は京都の電熱器事業部に飛ばされる。初めての地方事業所勤務に悪戦苦闘するなか、祇園で元芸子の鈴鴨かつ子に出会う。【あの頃の日本】上場NTT株160万円の初値/NYの平均株価が史上最大下落(ブラックマンデー)/急増する「じゃぱゆきさん」問題化

©Kenshi Hirokane

改元 島耕作(5) ~昭和62年~

書店によって取り扱いがない場合もございますので、あらかじめご了承ください。電子書籍での価格は紙の本と異なる場合がありますので、詳しくは各電子書店でご覧ください。

オンライン書店で見る