龍狼伝 王霸立国編(6)

著:山原 義人
定価 : 本体450円(税別)

中学の修学旅行で中国に向かった志狼は、幼なじみの泉真澄と共に、突如現れた巨大な竜によって西暦207年の荊州・新野にタイムスリップしてしまう。そこは乱世の群雄が“覇”を競う『三国志』の時代……。“竜の子”として劉備軍の軍師になり、自分が乱世に終止符を打てる『天運』の相の持ち主と知った志狼は、滅びをもたらす『破凰』の相の持ち主“仲達”を倒すことが、自分に与えられた使命と考え、戦うことを決意する。志狼を待ち受けるのは「長坂坡の戦い」「赤壁の戦い」――数々の戦場! そして、『三国志』の歴史が変わる!?

各地で蜂起した“水徳党”を吸収し、二十万の軍勢となった曹操軍が許都を目指す中、洛陽への遷都を決めた皇軍。一方、皇軍にいる真澄を救うべく蓮花(レンファ)と共に都へと急ぐ志狼は“竜の巫女”ソフィアをめぐり、かつて戦った異能の暗殺団『神の聖杯(エリクシール)』と出会うのだった。首領(ドミヌス)から「竜娘娘(真澄)が、猛将・馬超から命を狙われている」と告げられた志狼だが・・・・!?

龍狼伝 王霸立国編(6)

書店によって取り扱いがない場合もございますので、あらかじめご了承ください。電子書籍での価格は紙の本と異なる場合がありますので、詳しくは各電子書店でご覧ください。

オンライン書店で見る