修羅の門 超合本版(3)

【『修羅の門』11~15巻を収録した超合本!※内容はコミックス発売当時と同様です。】
1989年の連載開始と同時に、圧倒的な反響を集めた本格格闘漫画。異種格闘技戦をいち早く作品の題材に取り入れ、そのリアリティ溢れる描写で多くのファンを集めた。単行本の累計部数は2000万部を突破。『修羅の門 第弐門』は続編。
主人公・陸奥九十九は伝説の武術、陸奥圓明流を継ぐ者。「地上最強」という途方もない夢を追い、様々な「強さ」を誇る男達と闘う・・・・実戦空手・海堂晃、プロレス・飛田高明、ボクシング・アリオス・キルレイン、グラシエーロ柔術・レオン・グラシエーロ。九十九の戦いに終わりはあるのか!?


奥義の上に立つもの――、「四門」を開き「朱雀」によって北斗を倒した陸奥九十九。大会終了から半年、彼の姿はアメリカ・ニューヨークにあった。次のターゲットはボクサー・アリオス・キルレイン!!

©川原正敏

修羅の門 超合本版(3)

書店によって取り扱いがない場合もございますので、あらかじめご了承ください。電子書籍での価格は紙の本と異なる場合がありますので、詳しくは各電子書店でご覧ください。

オンライン書店で見る