龍馬 -凶刃暗殺の章-アンコール刊行

講談社プラチナコミックス(KPC)
リョウマキョウジンアンサツノショウアンコールカンコウ
その他:横山 まさみち 原作:山岡 荘八
龍馬 -凶刃暗殺の章-アンコール刊行
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

山岡荘八の原作を横山まさみちが作画した快作。天保6(1835)年11月、土佐で生まれた龍馬は、日本一の剣客を目ざして江戸に上る。ペリーの黒船来航や井伊大老暗殺など日本中が騒然とする中で脱藩、後に江戸で幕府軍艦奉行・勝海舟に、新風を受けて開眼! 維新への道が急展開する世情をうけて「日本はひとつに」という大きな視点に立った龍馬は、薩長連合、亀山社中(のちの海援隊)を結成し、船中八策(せんちゅうはっさく)を考案。しかし、志なかばにして京都近江屋で暗殺された。維新の朝を迎えることなく散った33歳。


日本に開国を迫る諸外国蒸気船。寺田屋事件・蛤御門(はまぐりごもん)の変を経て、維新への道が拍車をかけて展開。愛する佐那(さな)、お龍(りょう)……そして神州日本のゆくえを案じ、「日本はひとつに」という大きな視点に立った龍馬は、薩長の連合、亀山社中(のちの海援隊)を結成し、船中八策(せんちゅうはっさく)を考案。しかし、志なかばにして京都近江屋で暗殺された。維新の朝を迎えることなく散った33歳。

製品情報

製品名 龍馬 -凶刃暗殺の章-アンコール刊行
著者名 その他:横山 まさみち 原作:山岡 荘八
発売日 2010年01月13日
価格 定価 : 本体524円(税別)
ISBN 978-4-06-374556-6
判型 B6
ページ数 340ページ
シリーズ 講談社プラチナコミックス
初出 1991年11月~1992年4月、KC歴史コミック、全3巻、小社より刊行。

書店在庫を見る