龍狼伝 中原繚乱編(16)

月刊少年マガジン
リュウロウデンチュウゲンリョウランヘン16
  • 電子あり
龍狼伝 中原繚乱編(16)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

西暦二一〇年十一月、献帝率いる皇軍六十万対曹操率いる曹軍十万の全面戦争は、丞相“仲達”が鍛えし精鋭「虎豹騎」一万の先陣に対し、曹軍は火計で対抗。さらに皇軍本陣の背後からは、夏侯惇・関羽・張飛ら曹軍の伏兵が奇襲を仕掛けるのだった。一方、秘めた力を解放し、『真諦(ヂュンディ)』と名乗る龍の人格に変わった真澄は、五虎神の一人・鳳凰(青龍)から帝と共に命を狙われてしまう。“不死の鳳凰”を相手に勝機は!?

目次

  • 燃える水
  • 追撃戦
  • 幻体
  • 三つの実の拳
  • 不死の鳳凰
  • 四面楚歌
  • 追想
  • “怪物”
  • 蛇矛

製品情報

製品名 龍狼伝 中原繚乱編(16)
著者名 著:山原 義人
発売日 2015年11月17日
価格 定価 : 本体429円(税別)
ISBN 978-4-06-371495-1
判型 新書
電子版製品名 龍狼伝 中原繚乱編(16)
シリーズ 講談社コミックス月刊マガジン
初出 『月刊少年マガジン』2015年3月号~11月号

著者紹介

著:山原 義人(ヤマハラ ヨシト)

1963年6月24日生まれ。沖縄県那覇市出身。
手塚治虫に憧れ、漫画家を志す。大学卒業後に上京し、漫画修業を開始。
1992年、第6回月マガチャレンジ大賞にて入選受賞。
 1993年、「月刊少年マガジン」8月号にてデビュー作『龍狼伝』の連載を開始、第21回講談社漫画賞受賞。2007年4月号より『龍狼伝 中原繚乱編』として、現在に至る。

オンライン書店で見る