刻刻(3)

モーニング・ツー
コッコク
  • 電子あり
  • 映像化
刻刻(3)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

かつて止界の中で、家族を奪われた間島。再び止界に戻ってきた間島の目的は、神ノ離忍となってしまった家族を捜しだし、解放することにあった。しかし、“霊回忍を追い出す力”を持つ樹里がいなければ、その目的は果たせない。瞬間移動能力を持つ祖父と逃亡を続ける樹里は、そんな間島の必死の叫びを聞く……。そして、佐河の非情な実験により、またも現れる神ノ離忍。緊張状態の中、間島の心は甘く軋んでいた。

目次

  • 第十二刻
  • 第十三刻
  • 第十四刻
  • 第十五刻
  • 第十六刻
  • 第十七刻
  • 第十八刻

製品情報

製品名 刻刻(3)
著者名 著:堀尾 省太
発売日 2010年08月23日
価格 定価 : 本体705円(税別)
ISBN 978-4-06-372924-5
判型 B6
ページ数 208ページ
シリーズ モーニング KC
初出 モーニング増刊『モーニング・ツー』2009年23号~28号、2010年30号

著者紹介

著:堀尾 省太(ホリオ セイタ)

広島県生まれ。高橋のぼる氏と能條純一氏に師事。『刻刻』が初の連載デビュー作。

オンライン書店で見る