刻刻(5)

モーニング・ツー
コッコク
  • 電子あり
  • 映像化
刻刻(5)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

誘拐された甥・真を助け出すため、祖父、父とともに、時間の止まった世界=止界へと入った佑河樹里。そこでは誘拐を仕組んだ「真純実愛会」の部隊と、止界の守護神「神ノ離忍」が待ち受けていた。佐河の目的は自身が「神ノ離忍」の力を得て人を超えた存在になること。そのためには佑河家はおろか、信者たちも抹殺しようとしていた。水木しげる、伊坂幸太郎両氏絶賛。マンガ大賞ノミネートの伝奇アクション。

目次

  • 第二十八刻
  • 第二十九刻
  • 第三十刻
  • 第三十一刻
  • 第三十二刻
  • 第三十三刻
  • 第三十四刻
  • 第三十五刻
  • 第三十六刻
  • 第三十七刻

製品情報

製品名 刻刻(5)
著者名 著:堀尾 省太
発売日 2012年03月23日
価格 定価 : 本体705円(税別)
ISBN 978-4-06-387092-3
判型 B6
ページ数 212ページ
シリーズ モーニング KC
初出 モーニング増刊『モーニング・ツー』2011年第43号~45号、47号~50号、2012年第52号~54号

著者紹介

著:堀尾 省太(ホリオ セイタ)

広島県生まれ。高橋のぼる氏と能條純一氏に師事。『刻刻』が初の連載デビュー作。

オンライン書店で見る