クレムリン(7)<完>

モーニング・ツー
クレムリン
  • 電子あり
クレムリン(7)<完>
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

*一切の心を失くした学生ニート・却津山春雄が道を歩いていると、ロシアンブルーが捨てられていた。しかし却津山はとりあえず見て見ぬフリを続け一年が経った。すると、ロシアンブルーは3匹に増えており、さらに3匹ともが自らの名を「関羽」と名乗ったのだった。

目次

  • モーニング、月刊モーニング・ツー収録回を収録。

製品情報

製品名 クレムリン(7)<完>
著者名 著:カレー沢 薫
発売日 2013年02月22日
価格 定価 : 本体552円(税別)
ISBN 978-4-06-387191-3
判型 B6
ページ数 136ページ
シリーズ モーニング KC
初出 『モーニング』2012年34号~53号、2013年1号~7号、モーニング増刊『モーニング・ツー』2012年58号~62号

著者紹介

著:カレー沢 薫(カレーザワ カオル)

動物界後生動物亜界脊索動物門羊膜亜門哺乳綱真獣亜綱正獣下綱霊長目真猿亜目狭鼻猿下目ヒト上科ヒト科ヒト下科ホモ属。モーニング主催・第26回MANGA OPENに生まれて初めて漫画を投稿。無題も災いしてか、部内選考であえなく落選の憂き目を見るが、稀代の生き物バンザイ派であるツー編集長(現・モーニング編集長)が強権発動。異例の新連載を獲得。担当の甘言に惑わされず、タイトルを『クレムリン』、筆名を「カレー沢薫」と作者自身がキッパリ決める潔さ。エラいぞ。好きなもの、猫&世界が滅亡するとかのパニック映画。重ね重ね、『クレムリン』はモーニング&ツーにてほとんど休まずW連載していた。単行本1~7巻、好評発売中。

オンライン書店で見る