肉の唄(3)

著:コウノ コウジ
定価 : 本体552円(税別)

残ったのは、この肉体のみ!

新宿、東口、アルタ前。その巨大なディスプレイには、霊長類史上最強の男と称される、総合格闘技の森戸定治の試合が映っていた! それを悔しげに、憎々しげに見上げる男、一色亮太(いっしきりょうた)は、食うに困って、プロレス団体・新世紀プロレスに道場破りを仕掛ける‥‥。



佐島との真剣勝負(シュート)に破れて「新世紀プロレス」に入団する事になった一色亮太(いっしきりょうた)。プロレスにも恋愛にもまったく興味がない一色だったが、マッチメイカーの涼子(りょうこ)の存在が、彼を少しずつ変え始める。そしてついに一色のデビュー戦が決まった。対戦相手は「マット界のさわやか王子」こと、藤沢賢太郎。だが試合前に中傷記事が流れて、一色は涼子を、プロレスを信じられなくなってしまうが‥‥

肉の唄(3)

書店によって取り扱いがない場合もございますので、あらかじめご了承ください。電子書籍での価格は紙の本と異なる場合がありますので、詳しくは各電子書店でご覧ください。