疼く春

著:会田 薫
定価 : 本体581円(税別)

志に生きると決めた男。愛し方を知らない女。疼く感情の名を、知るまでの物語。

時は幕末。命を狙われた革命家・高杉晋作は、長州を離れ、馴染みの芸妓・おうのを偽りの妻として身を隠していた。革命の渦から距離をとり、ただの男として日々を過ごす中、晋作の胸を疼かせる、ある問い──。

自分は、なぜこの女を連れてきたのか。
この女は、なぜ自分についてきたのか。

追われ、逃げ延び、焦がれ、傷つき、
その果てを探す男と女の物語がいま、幕を開ける──。


時は幕末。命を狙われた革命家・高杉晋作は、長州を離れ、馴染みの芸妓・おうのを偽りの妻として身を隠していた。革命の渦から距離をとり、ただの男として日々を過ごす中、晋作の胸を疼かせる、ある問い──。自分は、なぜこの女を連れてきたのか。この女は、なぜ自分についてきたのか。追われ、逃げ延び、焦がれ、傷つき、その果てを探す男と女の物語がいま、幕を開ける──。

疼く春

書店によって取り扱いがない場合もございますので、あらかじめご了承ください。電子書籍での価格は紙の本と異なる場合がありますので、詳しくは各電子書店でご覧ください。