語り継がれる戦争の記憶(1)

講談社漫画文庫
カタリツガレルセンソウノキオク01
語り継がれる戦争の記憶(1)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

1941年12月8日真珠湾への攻撃を開始比嘉武次郎は、戦争を嫌いハワイへ渡った。それなのに……。運命の逆転により、心ならずも故郷・沖縄に日系米兵として上陸した比嘉が志したことは……

製品情報

製品名 語り継がれる戦争の記憶(1)
著者名 著:三枝 義浩
発売日 2002年08月09日
価格 定価:550円(本体500円)
ISBN 978-4-06-360323-1
判型 A6
ページ数 248ページ
シリーズ 講談社漫画文庫
初出 収録作品

著者紹介

著:三枝 義浩(サエグサ ヨシヒロ)

1989年、マガジンSPECIALにて『毎度ラーメン屋です』でデビュー。1991年より、実話をもとに描いたドキュメントコミックシリーズを開始。主な作品は『チェルノブイリの少年たち』、『AIDS少年はなぜ死んだか』など。『キムンカムイ』を週刊少年マガジンにて連載(1999年)。2003年、週刊少年マガジン第24・25号に『アフガニスタンで起こったこと』、第50号に『汚れた弾丸~劣化ウラン弾に苦しむ人々~』を読み切りで連載。コミックス:『汚れた弾丸 アフガニスタンで起こったこと』(KCDX)などがある。

書店在庫を見る