彼岸島(7)

ヤングマガジン
ヒガンジマ
  • 電子あり
  • 映像化
彼岸島(7)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

鮮血のサスペンスホラー!!
人をさらい、生き血を吸う村人が住む島。そこから生きて還ってきた者は誰もいない───。
明の兄も2年前に連れ去られ、現在その島で一人、身を隠し生活している。そして明本人にもついに魔の手が忍び寄る。
謎の美女が現れ、悪魔の物語が始まった───。


吸血鬼サバイバルホラーこの島で生き延びる術(すべ)を教えてくれ「強く……強くなりたい」その悲痛な願いを兄の師匠にぶつける明。それを試すかのように新たな異形(いぎょう)の群れが地を這い、迫り来る。明を待ち受けるあまりにも残酷な試練・・・・だが、打ち克たねば生き残れない!

目次

  • 侵入者
  • 師匠の涙
  • 亡者
  • ポン
  • 喋れる亡者
  • 投げる手はいくらでもある
  • 幼なじみ
  • あの頃

製品情報

製品名 彼岸島(7)
著者名 著:松本 光司
発売日 2004年07月04日
価格 定価:607円(本体552円)
ISBN 978-4-06-361248-6
判型 B6
ページ数 194ページ
シリーズ ヤンマガKCスペシャル
初出 『ヤングマガジン』’04年第11号、第12号、第14号~第20号

著者紹介

著:松本 光司(マツモト コウジ)

1974年6月4日生まれ。デビュー作は第39回ちばてつや賞<ヤング部門>大賞を受賞した『彼女は笑う』。代表作に『サオリ』、『クーデタークラブ』などがある。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る