湾岸MIDNIGHT(32)

ヤングマガジン
ワンガンミッドナイト
  • 電子あり
湾岸MIDNIGHT(32)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

スーパーチューンド神話!
解体所に転がっていた「フェアレディS30Z」。それは「悪魔のZ」と畏れられたチューンドカーだった! アキオによって再び生を受けた「悪魔のZ」は、スピードという名の麻薬にとりつかれた男達を魅了し、公道300km/hでのバトルを生み出すのだった‥‥。


暫定仕様のセッティングを経たZは、車体とアキオをつなぎとめていた「リード」をか細く変えていた!! 塗り替えられていくフィール。一方、決して変わらぬものもある。首都高にてブラックバードとの“編隊飛行”に挑んだアキオは、Zに隠れていた本質…ハガネのボディの生命力を実感。そして「コインの裏表」の存在であるポルシェもまた、決してZと交わることのない「高み」を知ろうとしていた!

目次

  • 暫定仕様
  • SYMBIOSIS(共生)
  • CALL(指名)

製品情報

製品名 湾岸MIDNIGHT(32)
著者名 著:楠 みちはる
発売日 2005年08月05日
価格 定価:565円(本体514円)
ISBN 978-4-06-361363-6
判型 B6
ページ数 216ページ
シリーズ ヤンマガKCスペシャル
初出 『ヤングマガジン』’05年第12号、第13号、第15号~第26号

著者紹介

著:楠 みちはる(クスノキ ミチハル)

1977年、『あこがれの白いスポーツカー』でデビュー。代表作は『あいつとララバイ』、『シャコタン★ブギ』、『湾岸ミッドナイト』など。現在、『湾岸ミッドナイト C1ランナー』を連載中。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る