彼岸島(22)

ヤングマガジン
ヒガンジマ
  • 電子あり
  • 映像化
  • イベント
彼岸島(22)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

鮮血のサスペンスホラー!!
人をさらい、生き血を吸う村人が住む島。そこから生きて還ってきた者は誰もいない───。
明の兄も2年前に連れ去られ、現在その島で一人、身を隠し生活している。そして明本人にもついに魔の手が忍び寄る。
謎の美女が現れ、悪魔の物語が始まった───。


臆するなっ!!ワシに続け!!吸血鬼サバイバルホラー 吸血鬼との全面戦争で まず1勝をあげた人間軍。その主力として戦う明へ吸血鬼を指揮する雅から一通の手紙が舞い込む。「天狗岩にて待つ」。明らかに罠とも思えるその誘いに応じ、明は独り敵陣の鍾乳洞へ乗り込む!

目次

  • 墓の下
  • 指令書
  • 内緒
  • 秘密
  • 天狗岩
  • 紅葉
  • 敵襲
  • 火の海
  • 一太刀
  • 新手の邪鬼

製品情報

製品名 彼岸島(22)
著者名 著:松本 光司
発売日 2007年12月06日
価格 定価:607円(本体552円)
ISBN 978-4-06-361620-0
判型 B6
ページ数 210ページ
シリーズ ヤンマガKCスペシャル
初出 『ヤングマガジン』’07年第33号、第34号、第36・37合併号~第44号

著者紹介

著:松本 光司(マツモト コウジ)

1974年6月4日生まれ。デビュー作は第39回ちばてつや賞<ヤング部門>大賞を受賞した『彼女は笑う』。代表作に『サオリ』、『クーデタークラブ』などがある。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る