ビアティチュード BEATITUDE(1)

モーニング
ビアティチュード
ビアティチュード BEATITUDE(1)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

1955年、18歳、東京、青年は机の上で創世主となる。 「トキオ荘」を舞台に繰り広げられる青春群像。


昭和三十年代。マンガに青春を懸ける若者たちがいた。ーートキオ荘で繰り広げられる、青春群像劇。

製品情報

製品名 ビアティチュード BEATITUDE(1)
著者名 著:やまだ ないと
発売日 2008年10月23日
価格 定価 : 本体619円(税別)
ISBN 978-4-06-372735-7
判型 B6
ページ数 184ページ
シリーズ モーニング KC
初出 『モーニング・ツー』2006年増刊1号、2号、2007年3号~8号に掲載された作品に加筆・再構成して収録。

著者紹介

著:やまだ ないと(ヤマダ ナイト)

1965年10月19日 佐賀県唐津市生まれ。九州デザイナー学院 放送映画学科卒業後、1987年『ヤングマガジン』掲載『キッス』で連載デビュー。
1996年よりMacを画材として使いはじめ、今の作風を確立。1997年~99年までは、このMacとインターネットのおかげで西荻とパリをうろうろしながら今の仕事スタイルをも確立。
フランス映画に侵された『ero*mala』『Yの思い出』『イはイチゴのイ』『アウトローでダウン・バイ・ローな魂』『コーデュロイ』『傷だらけの天使』そして著者の生活圏内、半径500メートルほどを舞台とする私小説風『西荻夫婦』など。

おすすめの本