釣りキチ三平 ムツゴロウ編 有明海のムツゴロウ 干潟のムツカケ対決編

講談社プラチナコミックス(KPC)
ツリキチサンペイムツゴロウヘンアリアケカイノムツゴロウヒガタノムツカケタイケツヘン
釣りキチ三平 ムツゴロウ編 有明海のムツゴロウ 干潟のムツカケ対決編
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

有明海の干潟で繰り広げられるムツカケ勝負。三平は「ムツカケ名人」小次郎の特訓で、「マス底の死点」を見つけた。一方地元の天才ムツカケ少年、五郎も父親から特訓を受け、美技「王将抜き」「浮き船」で対抗する。二人の天才少年のバトルの行方は‥‥? 他に、『カジカの夜突き』『ゴロ引きゴンベ』『桜吹雪カラス鯉』『ススキ河原エレジー』も収録!

製品情報

製品名 釣りキチ三平 ムツゴロウ編 有明海のムツゴロウ 干潟のムツカケ対決編
著者名 著:矢口 高雄
発売日 2007年08月08日
価格 定価 : 本体476円(税別)
ISBN 978-4-06-374005-9
判型 B6
ページ数 388ページ
シリーズ 講談社プラチナコミックス
初出 『週刊少年マガジン』1977年33号~1978年7号

著者紹介

著:矢口 高雄(ヤグチ タカオ)

1939年、秋田県生まれ。血液型A。高校卒業後、地元の銀行に就職。1969年「ガロ」に投稿した『長持唄考』が入選。1970年『みなぐろ』を発表後、銀行を退職して上京。代表作は『釣りキチ三平』『マタギ』『幻の怪蛇』『釣りバカたち』等々。1974年、講談社出版文化賞・児童まんが部門受賞。