空手小公子 小日向海流(48)

ヤングマガジン
カラテショウコウシコヒナタミノル
  • 電子あり
空手小公子 小日向海流(48)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

東京近郊K市、嶺南大学。体操でオリンピックを目指していた小日向海流は、上級生のイジメにあい挫折、鏑木流の全国王者・武藤竜二に誘われるがまま第二空手部に入部する。空手に何も興味のなかった小日向だが、仲間を得、武藤の力を目撃するうちに、次第に空手の強さに魅了されていく‥‥。そして沖縄での猛稽古を終えた小日向は、いまだ緑帯ながら全国大会予選に出場することになった!


前巻から始まった、小日向と鳴海透によるPOKFの王座決定戦が、いよいよ本格化!ロープを背にして待ち構え、多くのキックボクサーをマットに沈めてきた鳴海の必勝の型を前に、小日向はなんとか突破口を開こうと果敢に攻めるが‥‥?小日向との戦いの中で、冷静だった鳴海も徐々にその感情をあらわにし始める。互いの実力をさぐりつつ、間合いを取り合うスリリングな展開が見所の、白熱の第1ラウンドを収録!!

目次

  • ボクサーのパンチ
  • 慣れない感触
  • 拳闘士の真骨頂
  • 手綱を握れ
  • 残された航路
  • 戦力を晒す時
  • 自分流
  • 見えてきた
  • 豹変

製品情報

製品名 空手小公子 小日向海流(48)
著者名 著:馬場 康誌
発売日 2012年05月07日
価格 定価:586円(本体533円)
ISBN 978-4-06-382167-3
判型 B6
ページ数 192ページ
シリーズ ヤンマガKCスペシャル
初出 『ヤングマガジン』2012年第4・5合併号、第6号~第9号、第11号~第14号

書店在庫を見る

オンライン書店で見る