空手小公子 小日向海流(49)

ヤングマガジン
カラテショウコウシコヒナタミノル
  • 電子あり
空手小公子 小日向海流(49)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

東京近郊K市、嶺南大学。体操でオリンピックを目指していた小日向海流は、上級生のイジメにあい挫折、鏑木流の全国王者・武藤竜二に誘われるがまま第二空手部に入部する。空手に何も興味のなかった小日向だが、仲間を得、武藤の力を目撃するうちに、次第に空手の強さに魅了されていく‥‥。そして沖縄での猛稽古を終えた小日向は、いまだ緑帯ながら全国大会予選に出場することになった!


小日向と鳴海によるPOKF王座決定戦が佳境!第2Rで鳴海の強力無比な左ストレートを受け、ダウンを喫した小日向は、ダメージ回復をはかるため、先輩である南がかつて見せた「あの」作戦を実行に移す! 一方、鳴海はお忍びで観戦に来ていた父に、自分のボクシングを見せようと意気込むが‥‥。一進一退の緊迫した試合は、いよいよ最終ラウンドへ!栄光を手にするのは、鳴海か!?小日向か!?乾坤一擲の最終局面を見逃すな!!

目次

  • 不可避の照準
  • モスキート小日向
  • プラスとマイナス
  • 戦士の礼儀
  • せめて‥‥
  • 悪くない
  • 一歩先の覚悟
  • 蹴ってきなよ
  • 流水VS.無拍子
  • 飛び続けた意味

製品情報

製品名 空手小公子 小日向海流(49)
著者名 著:馬場 康誌
発売日 2012年08月06日
価格 定価:586円(本体533円)
ISBN 978-4-06-382209-0
判型 B6
ページ数 192ページ
シリーズ ヤンマガKCスペシャル
初出 『ヤングマガジン』2012年第15号、第17号~第21・22合併号、第24号~第27号

書店在庫を見る

オンライン書店で見る